留学するときの携帯電話の契約はどうする?

留学先でも携帯電話は日本と同じように使用できるのか、また契約が難しそうで不安。このようなお悩みをお持ちの方は多いのではないのでしょうか。
当記事ではそういうお悩みをお持ちの方のために海外での携帯電話事情を調査してきました。
これから留学しようとお考えの方に参考になる記事です。

1.日本と海外の携帯電話事情の違い

海外での携帯って日本と同じように使用できるのか、また契約は簡単にできるのかというかなどの不安を抱えていらっしゃる方は、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。最初に日本と海外の携帯電話事情においてどのような違いがあるか、3つの項目別に確認したいと思います。

スマートフォンで投稿

携帯電話端末と携帯電話会社

日本では依然、携帯会社が携帯端末を販売し、それに伴い通信契約(SIMカード)を行うことが一般的ですが、海外ではこの概念があまりなく、本体と携帯会社(SIM)の選択を自由に行なうことが可能です。
しかし、携帯会社で携帯本体を購入するとSIMもその会社にロックされている場合があり、且つ日本のように二年契約の縛りなどが存在します。

料金

海外の携帯料金は日本に比べると安い場合がほとんどです。筆者の経験ですが、一ヶ月2,000円も払うと日本と同じくらいのサービスの内容を受けることが英国では可能でした。
またSIMカードだけ購入する場合、日本のような2年縛りのような契約形態ではなく、一ヶ月からの契約、もしくは使用する分だけプリペイドで支払うことが主流です。料金だけを考慮すると、日本より安く出費を抑えることができます。

右肩上がりのスマホ代

電波

日本、韓国などは高度なインフラ、また国土面積が小さいことより、携帯電話の繋がりやすさは世界で最高クラスと言われています。日本では例え郊外でも、建物の中でも、地下鉄でも電波が入り通信することができます。
逆に海外では日本のように電波が良いとは限りません。未だに3Gの国も多く、また建物の中は勿論、ロンドンでさえ地下鉄は電波がなくなります。しかしWi-Fiスポットは相対的に多くあります。通信のし易さという観点では日本より不便でしょう。

2.携帯電話契約方法

では実際に留学先に到着して携帯を契約する際どうするか、使用方法別に下記いくつかのパターンに分けて確認しました。

日本の携帯電話本体をそのまま使用する場合

日本の携帯電話の本体をそのまま留学先で使用する場合、下記の3パターンが想定できます。

日本の携帯電話会社と契約した状態で使用する

このパターンは日本の携帯をそのまま留学先で使用するということです。つまり新しく新規に契約などは発生しません。
しかし、これにはいくつか問題があります。一つ目は契約しているキャリアが留学先の海外でも使用することができること。二つ目は料金体系が日本なので日本の携帯をただ海外で使用しているだけなので、料金が凄く高くなります。

SIMロックを解除し、現地の携帯会社でSIMカードを購入し使用する

このパターンは筆者の最もお勧めです。この方法には以下二つのアクションが必要です。

SIMロックを解除する

SIMフリーの携帯電話端末を持つ必要があります。日本の携帯電話会社で購入された携帯はSIMロックされている可能性が高く、出発前にSIMロックを解除してください。SIMロックの解除は携帯電話会社で行うか、最近では自宅からでも解除することができます。

現地でSIMカードを購入する

次にSIMカードを用意する必要があります。SIMカードは携帯電話会社は勿論、コンビニなどでも購入することができます。
しかし、購入するだけでは使用できず、アクティベート(開通)という行為を行う必要があります。携帯電話会社でSIMカードを購入する場合は基本的に店員がやってくれますが、コンビニなどで購入される場合は個人で行う必要があります。

携帯を契約しないで、Wi-Fiのみで利用する

数週間の留学ならこの方法が便利です。携帯電話会社と契約せずに、日本の携帯本体をフライトモードにし、Wi-Fi環境下のみで使用します。利用範囲や利便性は欠けますが、コストがかからない方法です。

留学先で携帯端末を購入する場合

留学先で携帯端末を購入する場合は、下記2つのパターンが想定できます。

SIMフリーの端末を購入する場合

SIMフリーの端末を購入する場合、SIMカードは自分で探して購入する必要があります。しかし、数あるSIMカードから最も適切なものを選択できるというメリットがあり、SIMフリーの端末の場合、留学後帰国してからも日本で使用することができます。(できないものもあります。) 留学先で携帯端末を購入される場合、SIMフリーがお勧めです。

SIMロックの端末を購入する場合

携帯会社で端末を購入する場合、その携帯会社のSIMとSIMロックされている場合多いです。これにより端末の購入以外の携帯会社のSIMカードを購入することができません。
またSIMカードの契約も日本のように二年縛りなどという会社もありますので、購入前には確認が必要です
いかがでしたでしょうか。この記事では日本と海外の携帯電話事情の違い、また利用方法別の契約方法を確認しました。海外で携帯電話を使用する方の参考になれば幸いです。

出典