留学の保険は必要?

海外留学・旅行を検討しているけど、保険って必要なのかわからない。このようなお悩みをお持ちの方は多いのではないのでしょうか。
当記事ではそういうお悩みをお持ちの方のため海外留学・旅行に保険が必要かについて調査してきました。

これから海外留学・旅行をしようとお考えの方に参考になる記事です。

1.留学の保険とは

そもそも海外留学・旅行に際して保険は必要なのでしょうか?結論から言いますと、必須です。海外では病気、怪我だけでなく盗難などの被害に合う可能性もあり、どのようなトラブルが発生するかわかりません。海外では慣れない衛生環境において、耐性のない日本人にとって病気にかかりやすいことも予想できますし、また世界トップクラスで治安の良い日本では考えられないような事件による被害を被る可能性もあります。次の章では留学の際に保険に加入する必要性を解説します。

2.海外留学・旅行の保険の必要性

この章では海外留学・旅行の保険の必要性について記載します。海外留学・旅行に保険が必要な主な理由は下記4点です。

海外の医療費

海外留学の際に保険の加入をお勧めする理由の一つに海外の医療費の高さがあります。日本では健康保険被保険者証の提示により実際に支払った医療費の3割負担で済ますことができます。また、例え高額な医療費が掛かったとしても、高額療養費制度により個人の負担の上限が決められているので、破産することがありません。

しかし、外国人旅行者の医療費はある一部の国を除いて有料で、且つ全額自己負担する必要があります。2014年 海外旅行保険事故データによると、米国で呼吸困難のため肺炎・肺結核・肺塞栓症と診断され、49日間入院した日本人旅行者が9,335万円の医療費を請求されています。また米国で肺結核・肺炎と診断された日本人旅行者が6,080万円、交通事故によりくも膜下出血と診断された方が5,664万円の治療費を請求されました。日本では数十万で済むものでも、海外ではよほどの貯蓄がない限り払えないことがあります。

薬と医療費明細

海外でのトラブルの確率

保険クリニックが2016年インターネットで行った調査では、20-60歳の男女10,000人のうち海外旅行経験者は約64%で、またそのうちの約15%(7人に1人)が海外でトラブルにあった経験がありました。またそのトラブルの内訳は「病気や怪我」が最多で、「荷物の破損」、「荷物の盗難」と続きました。

7人に1人という割合は決して低くなく、誰にでも起こる可能性があります。また海外初心者は勿論のこと、英語力に問題がない方でも「荷物の破損」、「荷物の盗難」などはどうしようもなく、海外留学・旅行の保険は重要なものとなってくるでしょう。

保険付帯のクレジットカード

クレジットカードには海外旅行保険が付帯しているものがあり、それで十分とお考えの方もいるでしょう。しかし、これも確認が必要です。一般的なクレジットカードは「死亡・後遺障害」の補償額を補填するものが多く、海外で最も多いトラブルの「病気や怪我」の保険金額が低いものがほとんどです。

また前述のとおり海外の医療費は一枚のクレジットカードでは支払うことができないほど高額になることがあり、保険付帯のクレジットを複数枚持参する必要などがあり、利便性は高いとは言えません。

薬と医療費明細

語学のサポート

海外留学・旅行の保険に加入する最後のメリットは日本語で対応してくれることでしょう。短期留学の方や旅行者の方の中には語学が堪能でない方もいらっしゃるでしょう。語学が堪能でない方にとって海外でのトラブルは本当に耐え難いものです。そんな時に日本語でのサポートがあれば余計なストレスも解消されることでしょう。

いかがでしたでしょうか。ここまで海外留学・旅行の保険について調査してきました。

御覧頂いたとおり、海外留学・旅行ではトラブルがつきものでそんな時保険は大きな力になってくれます。今後海外に行かれる際に少しでも参考にしていただけたら幸いです。

出典