3ヶ月以上の滞在には在留届を出そう

在留届って聞いたことあるけど具体的に何か、提出の必要があるかわからない。このようなお悩みをお持ちの方は多いのではないのでしょうか。
当記事ではそういうお悩みをお持ちの方のために在留届について調査してきました。
これから留学しようとお考えの方に参考になる記事です。

1.在留届とは

在留届って一度は聞いたことあるけど、どういう場合に提出の必要があるのかなど具体的に知らない方は多いのではないでしょうか。この章では在留届の基本情報を項目別に確認します。

在留届とは

在留届とは、旅券法第16条に定められた届で、日本国籍の方が3ヶ月以上海外に滞在する際、その住所又は居所を管轄する日本の大使館又は総領事館(在外公館)に提出する書類のことを指します。
提出をしなくても罰則はありませんが、3ヶ月以上滞在者の在留届の提出は義務付けられています。

ロンドンの日本大使館

在留届の目的

在留届の目的は主に下記三点があります。

  • 滞在国で緊急事態(テロ、暴動、災害etc)が発生した際、政府が安否の確認、緊急連絡、救援活動を迅速に行うため。
  • 政府が在外選挙人登録などの案内を送付するため。
  • 政府が在外邦人の人数を把握し、現地での長期的施策(教育、医療etc)を検討する際の材料にするため。

在留届のメリット

在留届提出のメリットは主に下記五点あります。

  • 非常事態の際、政府による保護を受けることができます。
  • パスポート(期限が切れていない)の更新の際、更新に戸籍抄本や抄本が必要ありません。(条件あり)
  • 在外選挙の選挙人登録を簡素化できます。
  • 日本人学校etcなどに通っていなくても教科書の無償配布を受けることができます。(地域により条件あり)
  • 在留届にEメールアドレスを登録すれば、災害時、緊急事態時に在外公館でINSIDE(大規模災害一斉通報機能/ Integrated Notify Support In Disaster & Emergency)により緊急事態や安全情報になどを情報を受取ることができます。

住民票、海外転出届との関係

在留届は海外に移住を始めてから在外公館に提出するものですが、移住前、日本にいる間に行う手続きとして住民票を抜き、海外転出届を役所に提出する必要があります。

住民票を抜かない場合、日本に住んでいない状態でも住民税が課税され、国民年金や健康保険の支払い義務も発生します。それを防ぐために住民票を抜き、海外転出届を出す必要があります。

しかし、住民票、海外転出届と在留届はリンクしていません。つまり日本で住民票を抜き、海外転出届を提出したとしても、在留届は自身で提出する必要があります。

2.在留届の出し方

在留届の実際の提出にはA.オンラインで提出する場合と、B.外務省ホームページから様式を入手して最寄りの在外公館(大使館、総領事館)に提出する二つの方法があります。原則として在留の確認があるため、海外で移住を初めてから提出する必要があります。

オンラインで提出する場合

  • 「ORRnet在留届電子届出システム」 の提出フォームより記入し提出します。
  • オンラインで提出する場合、パスワードを設定することができ、帰国届や、管轄の在外公館が変更になったときの変更届なども簡単に提出することができます。

スマートフォンで投稿

最寄りの在外公館(大使館、総領事館)に提出する場合

  • 外務省ホームページ より在留届をダウンロードし記入します。記入された在留届と有効なパスポートを滞在する国、または地域の在外公館の窓口に提出します。
  • 在外公館の窓口に提出された方は、オンラインで変更届を提出することができず、旧住所地で転居通知を行なったうえ、新住所地で再度在留届を提出する必要があります。

外務省庁舎

いかがでしたでしょうか。今回は在留届とは何か、在留届の出し方を調査しました。これから在留届を提出する必要のある方に少しでも参考になれば幸いです。

出典