留学に関する奨学金、何がある?

留学のための奨学金を検討しているけど、どんな種類があるかわからない。このようなお悩みをお持ちの方は多いのではないのでしょうか。
当記事ではそういうお悩みをお持ちの方のために留学で借りることのできる奨学金を調査してきました。
これから留学しようとお考えの方に参考になる記事です。

1.奨学金とは

奨学金とは成績優秀な学生、生徒に対して、学費(授業料etc)、生活費(食費、宿舎費、交通費etc)などを補うために金銭を給付する制度です。留学には大きな出費が伴い、また多くの国で滞在許可やビザ発給に際し、留学費用を賄えることができるかの経済力を証明する必要がありますので、早くから留学資金に関して計画をたてる必要があります。

奨学金

奨学金の種類

奨学金には返済の必要のない給付奨学金と、返済義務のある貸与奨学金が存在します。一般的に給付奨学金は審査が厳しく、貸与奨学金は相対的に審査が緩い傾向にありますが、いずれにせよ奨学金を得ることは簡単ではありません。

海外留学のために奨学金を支給する団体

海外留学のために奨学金を支給する主な団体は以下の通りです。

日本学生支援機構(JASSO)

日本学生支援機構が提供している給付金は給付型及び貸与型(無利子・有利子)のものがあります。

地方自治体

地方自治体や国際交流協会などが、その自治体、協会に関与する学生、生徒に奨学金を提供しています。ほとんどが給付型ですが、一部は貸与型もあります。高校生に対する奨学金も多くの都道府県で実施されています。

外国政府等

外国政府、現地での教育機関等が奨学金制度を実施していますが、ほとんどが給付型です。

民間団体等

民間企業、団体が奨学金を提供しています。ほとんどが給付型ですが、一部は貸与型です。

2.奨学金応募に際して

実際に応募する際のチェックポイント、またこれから奨学金の応募を考えている方が気を付ける心得を確認します。

奨学金に関するチェックポイント

各奨学金により要件が異なります。特に応募時期は重要ですので、奨学金の利用を決意されたら、すぐに対象の奨学金を探し確認されることをお勧めします。下記応募時期以外にも奨学金に関するチェックポイントを纏めました。

応募時期

奨学金の応募できる時期が、希望校の出願と同時並行でできるもの、入学許可を得てから応募できるもの、入学後に応募できるもの、入学後ある一定期間経過後、成績が優秀な場合に応募できるものなど様々です。

応募資格

奨学金により対象となる学校、語学力、成績、専攻分野など様々な要件があります。特に外国政府等の奨学金は募集対象が全学生か、外国人留学生のみか、特定の地域の出身者のみかなど細かく分類されていることがあります。

返済の有無

前述のとおり、奨学金には大きく給付型と貸与型が存在します。また貸与型には有利子もしくは無利子のものがあり確認が必要です。

年収/所得の水準

応募要件にはある一定の世帯年収以下が対象になるものがあります。

重複受給

奨学金の中には他の奨学金と同時に受給できるものや禁止しているものがあります。

チェックリスト

奨学金応募に際して心得

奨学金の応募するに当たり、日常(日本での学校生活)での注意点、心得を纏めました。奨学金の応募の要件では過去どれだけ頑張ってきたかが、重要な確認ポイントになります。

準備

上述の通り各奨学金により応募時期が異なります。早めに情報収集をして留学準備に備えてください。(早いものは留学1年前に応募を締切るものもあります。) 特に日本から海外政府等の奨学金を応募される場合は、書類問い合わせの時間や、時差、海外ならではであるレスポンスの遅さなどを考慮する必要があります。

成績

奨学金応募に一貫して言えることは、現在在学している学校の成績はほぼ必ず応募の際の基準になります。応募に際して突然慌ててGPAをあげようと思っても難しいです。また大学・大学院の入学の際も日本の学校でも成績は要件になりますので、しっかりと学業に専念し、高いGPAの取得を目指してください。

3.奨学金以外の資金(教育ローン)

上記の奨学金が全て応募できなかった場合でも、経済的に支援してくれる金融機関の教育ローンという制度があります。主に日本政策金融公庫とその他の金融機関に分類されます。詳しくは下記にお問い合わせください。

A) 日本政策金融公庫 国民生活センター (国の教育ローン)

連絡先: 教育ローンコールセンター 0570-008656 (ナビダイヤル)
03-5321-8656 (公衆電話から)
(受付時間: 月-金曜日 9:00-21:00 土曜日9:00-17:00)
※日曜、祝日、年末年始(12月31日-1月3日)以外
ウェブサイト:日本政策金融公庫 教育一般貸付(国の教育ローン)

B) その他の金融機関

一部留学に利用できるものもあります。詳しくは各金融期間にお問い合わせください。

いかがでしたでしょうか。今回は留学に関する奨学金について調査しました。経済的理由で留学を諦めようとしている方に、この記事が少しでも参考になれば幸いです。

出典